需要が高まっている遺品整理サービス

遺品整理をしたいが何から手を付けていいのか分からない、高齢の為自分で整理をすることが難しい、近くに遺品整理を手伝ってくれる身内もいない。そんな人は遺品整理の専門業者がおすすめです。専門業者ならあなたの代わりに大切な人の遺品を丁寧に片づけます。

遺品整理業者に相談する最適なタイミングとは?

ダンボール

遺品整理サービスを利用するメリット

遺品サービスを利用するメリットは、自分では何から手を付けて良いのか分からない遺品も1つ1つお客様の代わりに大切に整理をしていきます。思い出があり、感情移入してしまってなかなか整理をすることができない遺品も、遺品整理業者に依頼をすればスムーズに片づけをすることができます。故人様御一人で賃貸住宅に住んでいた場合、速やかに遺品整理を行って撤去をしなくてはいけません。遺品整理となるとご家族様の体の負担にもなります。遺品整理業者へ依頼をするということは、体の負担を軽減することにもつながります。

和室

遺品整理サービスを利用した場合の費用相場

遺品整理サービスの相場は、間取りと作業人数、時間によって金額が変わります。一番安い1Rもしくは1Kの場合、30,000~80,000円で作業時間は1~3時間、スタッフの人数は1~2名で行います。1LDKは70,000~200,000円、作業人数は2~4名で作業時間は2~6時間かかります。2LDKになると120,000~300,000円、作業人数は3~6名で作業時間は3~8時間です。3LDKは170,000~500,000万円、作業人数は4~8名作業時間は5~12時間です。4LDK以上になった場合、金額は200,000~600,000円、作業人数は4~10名で作業時間は6~15時間です。

遺品整理業者を東京で利用しよう!

遺品整理におすすめのタイミング3選

遺品整理

葬儀が終わった後

故人様がもし賃貸に住んでいる場合は、葬儀が終わり次第そこを片付けて次の人へ引き渡しをしなくてはいけません。ですから、葬儀が終わって少し落ち着いたら、遺品整理をしますが、片付ける量が多い場合は業者へ依頼をするとスムーズに整理できます。

1周忌が終わった後

大切なご家族様が突然亡くなられた場合、すぐには心の整理がつきません。賃貸ではなく持ち家ならそれが可能です。1周忌が終わって気持ちが落ち着いてきたら、遺品整理業者へ連絡をし、遺品の整理をあなたの代わりに行ってもらいましょう。

新盆が終了してから

新盆が終了し、落ち着いてきたら遺品の整理をします。法事の後はご家族様もお体の負担が大きくお疲れです。特に家族が遠方の場合、なかなか遺品整理の為に来ることは難しいでしょう。そんな場合も遺品整理業者がお手伝いをします。

遺品整理業者を東京で利用しよう!

気持ちの整理をつけることが大切

遺品整理は気持ちの整理をつけることが大切です。大切なご家族が亡くなられたということで、心身ともにつかれてしまいます。また、いざご自分で整理をしようとなった時、感情移入してなかなか片付けられないことがあります。遺品を整理するときは、まずは気持ちをある程度整理しましょう。

広告募集中